魚の飼育日記と戯言、時に小説もどき (停止中)


by k005202

ご連絡

次回より下記アドレスへ引っ越したいと思います。
またのご来訪をお待ちしております。アディオ。

http://hayukamo.cocolog-nifty.com/blog/
[PR]
# by k005202 | 2008-05-04 00:22 | 日記

魚巡り


まずは悲しいお報せをせねばなりません。
ニシキテグリはやはり背中の傷自体が病気だったのかそこから何かに感染したのかは
不明だが昨夜未明、息を引き取った。
それに続いてオトメハゼも水槽から飛び出し、早朝干物となって発見される。
もう嫌だ・・・。
となりながらもそれを乗り越えてこそなのだろう。
苦悩の魚道は続く。

c0108434_22101549.jpg

昨晩の引越し後の淡水水槽。
今後の苔の動きがどうなるか。

c0108434_22113685.jpg

クリルを奪い合う2匹の蟹さん達。
小型の蟹が行方不明。

c0108434_22124815.jpg

今日は遠方のペット屋へ開拓に。
値段は今までで一番安い。死んでるのが若干いる。水が薬の色。
接客は人によると思われるがまあまあ。
総合的に見たら微妙、利点は安いぐらいか。
だがここにしかいないようなのもようけいて面白い。
たまに行くならいいかもしれない。
ここで2匹購入することに。写真はそのうちの1匹。

c0108434_22212245.jpg

もう1袋は中身撮れず。

c0108434_22223579.jpg


c0108434_22232726.jpg

それぞれ水合わせ。

c0108434_2224313.jpg

1匹目はなんとなく分かった人も多いかも。
チョウチョウウオ(チョウハン)です。
ライブロックを齧るのは構わないのだが、白点病になりやすいってのが
ネックで飼うか決めかねていたが思い切って飼うことに。
沢山居た中で健康状態とこの模様に惹かれて決定。
チョウチョウウオの中では普通らしいが、チョウチョウウオ全般が餌付けが難しいらしい
ので、今後色々と試していきたいとおもふ。
今のところ、ライブロックは齧っているが、スポイドは怖がって逃げる。
前途多難である。

c0108434_22284363.jpg

2匹目ですが、ヤノダテハゼです。
透き通るような白い体に淡いオレンジの縞模様。かなり元気。
先代のギンガハゼと同じく共生ハゼにございます。
テッポウエビも久しぶりに姿を見せたので、うまく共生してくれればとおもふ。
ところが写真は・・・水合わせの時のが最もわかりやすいという結果に。
何故なら速攻隠れてまったく出てこず。
予想はしていたが一瞬の隙もないとは。
写真では右の岩の下の黒い豆粒みたいなのが頭部の影です。
水槽投入から今までずっと定位置。どんだけ頑固親父。
テッポウエビと出会うのはまだ先の話になりそうである。

c0108434_22362813.jpg

チョウチョウウオ(チョウハン)はライブロックを齧ったり
オトヒメエビの領域侵犯して攻撃されたり水槽内社会の厳しさに触れつつも
そんなことは知らんとでも言うようにまた突っ込んでいく。

c0108434_2239069.jpg

他のメンバーはお変わりなく。

c0108434_2240429.jpg

相変わらずコウワンを追いかけている。
飛び出す種類じゃないので今のところ大丈夫そう。

c0108434_22413562.jpg

水玉さんから逃げてか何かに驚いてかは不明だが
乙女の死因は前説が有力。
水槽を広くしても同種同属は極力避けなければならないと思い知らされた一件。

c0108434_22441952.jpg

さっきと微妙に違う感じで。

c0108434_2245558.jpg

カクレと同じで、水槽に1匹はいたらいいなぁと思うのがチョウチョウウオ。
何かをつつく。

c0108434_2248648.jpg

疾走感。

c0108434_22485460.jpg

コウワンをさがせ。

c0108434_22492681.jpg

意味はない。

c0108434_2250176.jpg

寂しくなった金魚水槽。
移してから苔が発生してないので、何か1匹は飼いたい。

c0108434_22512755.jpg

1日が経過した淡水。
苔0は無理だが移ってからはましかな。



魚以外。

c0108434_22532788.jpg

久しぶりに料理写真。
今夜は豚の生姜焼き。簡単で美味い、これに尽きます。
でも魚のライトだけで撮ったからか写りは悪い・・・。

c0108434_22564026.jpg

朝日が出る前段階を撮ってみた。
[PR]
# by k005202 | 2008-05-03 22:59 | 日記

追記


先日申しました通り容量が半分を超えたので近々引っ越します。
またその際は連絡します。
因みにここは記念に残しとくつもりです。
[PR]
# by k005202 | 2008-05-02 23:03 | 日記

攻防


昨晩未明、ピンポンパールが☆に。
金魚水槽が空になってしまい寂しい限り。

c0108434_227337.jpg

穴から覗くは乙女さん。
体格は水玉に勝るが精神面で負けている。
威嚇し合っても結局最後に逃げるは乙女さん。

c0108434_22101072.jpg

珍しく錦が隠れてないと思いきや呼吸が荒い。
やはり背中の傷が原因だろうか。
敵がいないのが救い。

c0108434_22121627.jpg

カクレは順調。

c0108434_22125735.jpg

2匹の間を緊迫した空気が。
どう来るのか様子を窺う乙女と、別に気にしてないしって砂を食みながらも
気になって仕方が無い様子の水玉。
その火花バチバチの間をドラゴネットが通過。通過後はまたバチバチ。

c0108434_22182111.jpg

キャメルがオトヒメの縄張りを侵したのかどうかは知らんが攻撃されていた。
蟹もそういうのにはうるさい。
普段は苔以外見向きもしないのに背後を通過した魚に鋏を上げる。
水玉と乙女、ドラゴネとコウワンの件で実感したが
弱い奴を先に入れて縄張り、隠れ家等確保させてやってたらもうちょい違ってたかも?
入荷するタイミングもあるから難しいとこだ。
それにしても穴から覗く乙女の姿に在りし日のギンガハゼの姿がダブる。
まさか君はギンガハゼの生まれ変わりなのかい?と勝手に思い込むことにする。

c0108434_22261897.jpg

アップで撮れたのはいいが逃げなかったことが逆に心配だよ母さんは。

c0108434_2227166.jpg

顔に砂付けて。
寝ていたのか擬態のつもりなのか謎。

c0108434_22285179.jpg

毬藻化ビーダマンと水玉さん。
こっちを見てる振りをしつつ片目ではしっかり乙女を見ていそうである。

c0108434_2233470.jpg

一見、何を撮ろうとしたのか謎な一枚。
よく見ると、右側の岩の下にハタタテさんの顔が見える。

c0108434_223423100.jpg

同じ場所にキンギョハナダイが入る。
ハタタテは驚いて出てくるかと思いきや、奥に詰めただけだった。
ぎゃー何か来たー!てならんのかね。慣れたか。

c0108434_2236181.jpg

こうして撮ってる間にも2匹の攻防戦は続く。
乙女も逃げる一方だったのが隠れながらではあるが、威嚇するようになった。
立場逆転の日はあるのか。

c0108434_22411274.jpg

遊泳も同種同士は追いかけたりはあるがあっさりしている。
底生の方が執拗なのだろうか。

c0108434_22423119.jpg

砂を付けた顔アップ。

c0108434_22435414.jpg

刺客現る(苔食いの)

c0108434_22444245.jpg

全景。
掃除したのできれなった。

淡水は中身も見えない惨状となったので日陰に移動&水換え。
明日の写真ではビューティーでお届けしたいとおもふ。
因みに魚は全員無事。
[PR]
# by k005202 | 2008-05-02 22:48 | 日記

回復祈願


c0108434_2139813.jpg

今朝。起き抜けの油断してるときを狙う。

c0108434_2141946.jpg

朝もやっぱり隠居生活。

c0108434_21423613.jpg

寝ぼけ顔。こっちを向いてないので理想の表情は撮れず。
正面なだけよしとしよう。

c0108434_21442089.jpg

更に近づいてみる。
なかなかの迫力。

c0108434_21461536.jpg

ライトアップすると既に就寝準備中だったドラゴネット氏。
なんか起こしてごめん。

c0108434_21491788.jpg

前から。
就寝場所は特に決まってない様子。

c0108434_21514550.jpg

乙女さん現る。
鬼の居ぬ間にというやつか。
水玉は色が不変だが、乙女は場所により黒っぽくなったり擬態する。
見つかったら凄まじい追走劇が始まるが、乙女も慣れてきたようで
隠れるなり潜るなりでうまいこと回避。
へっちょろいぜとか思ってるとかどうとか妄想してみる。

今後、写真は特記事項が無い限りは写真のみでお届け予定。
できるだけ全員の元気な姿を収めるつもりである。
お暇な人は何がいるか探してみて下され。

c0108434_21575486.jpg


c0108434_220449.jpg


c0108434_2212558.jpg

ドラゴネは砂付けたまますぐ泳ぎ回り始めた。
本気寝じゃないと好意的解釈。
そしてまたコウワンにニアミスし追い掛け回したと思いきや
なんと背びれにかじり付いた・・。
コウワンは急いで離れ、エアレ裏へ避難して事なきを得る。
ドラさん・・凶暴化したな・・・。
威嚇してもあまり応えてない様子なので逆上したのか。
コウワンは怯えて出てこなくなるんじゃ・・と思われたがそうでもないようだ。

c0108434_22131786.jpg


c0108434_22141682.jpg

ニシキテグリばっか撮ってるようだが気になることがあったので。
背中の窪みみたいのなんだろう・・。
怪我か?狭いとこを通過したときやろか。

c0108434_22163537.jpg

先程の件で逃げた時ではなく、その前に撮ったもの。
挟まり対策で間隔を空けた。

c0108434_22185578.jpg

撮りたい時に限って出てこない。そんな君。

c0108434_22212312.jpg

予想はしていたが、緑茶風味に。
旧自宅ではこんなことにならんかったので日当たりのせいと思われる。
週末に大移動を予定。

c0108434_22235573.jpg

一足早く引越した金魚水槽。水換えも完。
ピンポンパールは弱っている。
これでなんとかならんだろうか。

c0108434_2227930.jpg

ビューティーになった金魚水槽。


牛乳は体に悪いらしいと最近知った。
乳糖、脂肪、たんぱく質が人体に適さないばかりか病気の要因にとか
恐ろしい内容が書かれていた本に遭遇。
考えてみれば子牛の食料を横取りして飲んでるわけで変な状況だ。
牛乳を飲んでお腹を壊すとかも一種の拒否反応なんかも。
カルシウムは含有量じゃなく吸収量で測るものであり
牛乳がいいわけではないようである。
長い間騙されていた気分。
[PR]
# by k005202 | 2008-05-01 22:35 | 日記

粛々と


c0108434_21185977.jpg

昨夜、久し振りに撮影出来たスベスベサンゴヤドカリ。

本日昼、琉金が☆に。
白点が応えたのだろうか。
長らくお疲れ様でした。

c0108434_21203463.jpg

淡水。
レッドグラミーが瓶に。敵とかはいないので単に狭所好きか。

c0108434_2123366.jpg

海水。
写真のどこかに乙女が潜伏しています。

c0108434_21272791.jpg

拡大編。
こえー。

c0108434_21284245.jpg

ビー玉と貝。
拾ってきたやつ。意外ときれいなのも居る。

c0108434_2130043.jpg

淡水。
早くもたった一日で妖しい色味を帯びてきてないか。。

c0108434_21311650.jpg

今度はゴールデンハニーグラミーが瓶へ。
普段は水草がお気に入り。

c0108434_21324423.jpg

金魚。
また1匹になってしまった。
1日と持たずグリーンティー化。

c0108434_2134467.jpg

海水全景。
海水が綺麗ままなのが救い。

c0108434_21361027.jpg

本日の主役、ハタタテちゃん。
何故ならば水槽に越してきて今日で1ヶ月。
懸念していた飛び出しもなく、肉もしっかり付き順調に成長中。
飼育歴としてはまだまただが、最初の一歩をやっと踏みしめた感覚。

c0108434_21391195.jpg

なんだか懐かしい2ショット。
本当なら昨日が1ヶ月記念になる筈だったんだよなぁ・・。

c0108434_21412464.jpg

3種。ヤドカリも。

c0108434_21421189.jpg

5種と貝。エビ2種。

c0108434_21435933.jpg

2種とミニヤドカリ。

c0108434_21443962.jpg

エアレの裏にはあのお方。

c0108434_2145886.jpg

気付かれた場合。

c0108434_21454348.jpg

カクレとヤドカリさんたち。
割と引っ越してる。

c0108434_214748.jpg

エビ含む3種。

c0108434_21473948.jpg

2種。乙女さん定位置から。

探す楽しみもあるかもしらんので、名前省略してみた。
そして案の定、容量半分超えた。
[PR]
# by k005202 | 2008-04-30 21:50 | 日記

再挑戦


昨晩の話から。

c0108434_21223457.jpg

夜は水面付近をスイスイ。

c0108434_21242726.jpg

ビー玉に付いた苔を食されるヤドカリ侯(浜で拾ったやつ)
苔が付きすぎて毬藻のよう。
貝がボロボロなので早く引っ越して頂きたいが、在庫のサイズに難ありのご様子。

今日。

ペットショップへ行く。今日は最初から飼うのを決めていた。

c0108434_2128350.jpg

カクレに再挑戦である。
今度は前より一回り大きく、他のを威嚇するほど元気がいいやつを選んだ。
餌の食い付きもよかった。

c0108434_2130191.jpg

そして種類は違うが金魚にも再挑戦。
今度はピンポンパール。
ピンポンみたいに膨らんでる。写真ではまるでおにぎり。
こんな体型なので動作はかなりスロー。だが必死にお尻を振って泳ぐ様がかわゆ。
実は昔飼っていた金魚でもある。そういった意味でも再。
当時は淡水魚と混泳させており、現在の琉金はそれでも大丈夫だったが
ピンポンはアルジイーター(細長いドジョウっぽい熱帯魚)に襲われあえなく☆に。
丈夫なのはいけるかもしれないが、ピンポンは金魚の中でも更に動きが緩慢なので
リスク大であることがわかった。金魚は金魚のみが無難であろ。
琉金は白点病になっていたが水換えしたらましになった。

c0108434_21394466.jpg

水合わせ。

c0108434_21402921.jpg

投入。やはり1匹はカクレが居た方が水槽内が映える。
キンギョハナダイにニアミスしてたまに威嚇されているがまた自分から寄っていく。Mか。

c0108434_21432956.jpg

キンギョ、デバ、クロユリ、ぶれてるのはカクレ。
隔離の上に錦。誰も行かんようなとこを好む。
キンギョは新人の方が軽く白点病になっていたが、今朝見たら完治。
殺菌灯効果であろうか。
若干気が強くなってきた。

c0108434_21472430.jpg

ハタタテも。水玉とドラゴネも居るが分かり難い。

c0108434_21485233.jpg

コウワン。
夜によく飛んでる。
カクレは速過ぎてぶれる。

c0108434_21494642.jpg

乙女。
たまに出てきては水玉とニアミスし巣穴や海草、砂に潜って身を隠す。
巣穴からちょっと出てきたとこ。
巣穴付近からテッポウエビの抜け殻発見。生きている模様。
スベスベサンゴヤドカリは久しぶりに出てきて、またどっか行った。

c0108434_21512252.jpg

ドラゴネ。
錦とコウワンの食べなさ具合からしたら、こいつだけでも食べてよかったと思う。

c0108434_21523123.jpg

カクレ。
これでもまともに撮れた方。
大抵オレンジ色の動いてるっぽい何かが写るだけである。

c0108434_21545838.jpg

ハタタテさん。
餌時は相変わらず気付いていてもなかなか食べに行こうとしない。
落下途中しか食べない慎重さ。初期メンバーなのに謙虚過ぎるのが玉に瑕。

c0108434_21585239.jpg

淡水水槽。
かなりの水量を水換えしてだいぶ綺麗に。
急変し過ぎて大丈夫か?と思うが、今のところ問題なし。

c0108434_2213884.jpg

ピンポンパール。
金魚水槽も緑っぽさは残るがきれなった。
金魚は時々動きが止まるからびびる。水温が低い場合、活動をセーブするらしい。


魚以外。

c0108434_225194.jpg

写真立てを買った。
エナメルいちご。現品のみになってて即決。
手前はリングピローだす。
[PR]
# by k005202 | 2008-04-29 22:09 | 日記

移住待ち


昨晩の話から。

c0108434_20462529.jpg

錦がストレーナー上にずっと鎮座。
何を食べてその体を維持しているのか謎だが
ストレーナーがスポンジだった時にかじったり、何かしらパクパクしている様子がある。
粒餌は目の前に落としても完全にスルー。見てすらない。
ドラゴネットは餌付けに成功、コウワンは餌は食べないが何かは食べている様子。

c0108434_2053365.jpg

別名:マンダリン。
こうして見ると奇抜。自然界で生き残ってこれたのが不思議。
動きもかなりスローライフ。と思ったら驚いた拍子に電光石火で逃げた。ハタタテ並。
タカラ貝も異様に大きくなっていた。普段は隠れており深夜、消灯してから出てくる。

c0108434_20573410.jpg

乾燥クリル(海老)を食す蟹さん。黄色いのがそう。

c0108434_20591925.jpg

がっちりホールド。

c0108434_2102237.jpg

ヤドカリさんもお食事中。


今日。

c0108434_212218.jpg

こっち向いた。

c0108434_21255100.jpg

だがすぐそっぽを向かれた。

c0108434_213485.jpg

乙女はずっと巣穴か海草に潜んでいたが前面まで出てきた。
そしてまた水玉に追われて、砂に潜って眼だけ出てるのが写真。

c0108434_2181610.jpg

前から。湧き水の砂がばっさばさ掛かってるが気にしない。

c0108434_2192085.jpg

そして巣に戻る。
ほえ?という顔。お饅頭のようでかわい。

c0108434_21102847.jpg

錦が隔離水槽の上に。何故故。

c0108434_211117100.jpg

体が水面から出てるし。場所が場所なら海鳥とかに食われっぞっていう。

c0108434_211333100.jpg

ヤドカリを放してみた。
早速一面に散らばる。苔掃除は任した。

c0108434_21161217.jpg

コウワン師匠。
こんなに痩せてて元気なのはこの子ぐらい。

c0108434_211751100.jpg

デヴァ、キンギョ、黒百合。
水槽前面は掃除した。

c0108434_21194034.jpg

ハタタテも。
遠慮し過ぎて食事タイムには未だに乗り遅れ気味だがなんとか食べている。

c0108434_2121927.jpg

乙女はこのへんに定住。

c0108434_21221973.jpg

水玉、キャメル、宿借も。昨日と同じ場所に挟まってる。

c0108434_21242355.jpg

乙姫も。

c0108434_21244442.jpg

龍さんも。

淡水水槽は水換えしてもあまり変わらないので割愛。
長丁場になりそうである。
金魚水槽もグリーンティー。
[PR]
# by k005202 | 2008-04-28 21:28 | 日記

潮干狩り2


昨晩の話から。

c0108434_17455970.jpg

ユビワサンゴヤドカリが引っ越した。
写真の白いオサレな貝をお選びになった。
スベスベサンゴヤドカリとテッポウエビは依然行方不明のまま。



今日。

c0108434_17482436.jpg

隔離水槽が届いたのでとりあえず蟹を入れてみたの図。
弱ってる魚や喧嘩発生の非常時には蟹にタッパーに戻ってもらうことになるであろ。

c0108434_17511844.jpg

ストレーナーも交換。
裏に隠れるのが多いので隠れられないやつに。
でも結局ライブロック裏とかへ行くのであまり意味はない。
見た目ましになったという程度。

c0108434_17534011.jpg

引くとこんな感じ。


また潮干狩りへ行ってきた。
といっても今夜の晩御飯じゃなくて、専ら飼育用目当て。
てかこの辺の貝って食べても大丈夫なんだろうか・・。
なんか浅瀬泡立ってるけど・・・。
という話はさておき、今回は前回より少し遠め。
とはいえチャリで行ける範囲へ行ってきた。
そして今回の収穫がこれ。

c0108434_18101224.jpg

ヤドカリです。ざっと30匹はいる。貝は1匹だけ。
ほとんどが米粒大の小ぶりなのばかり。
蟹と貝もようけいたが前回充分捕ったので今回はヤドカリ目的で行った。
貝殻も置いて引越すか観察中。
1匹が今引っ越すかどうかといったところ。
ボロボロの貝のやつも多いが、米粒大はさすがにないのでどうしようもない。
2,3日タッパー暮らしで問題ないようなら水槽へ。

c0108434_18172451.jpg

エアレ裏を掘って棲み処にしたオトメ。
昨日の一件ですっかりミズタマに怯えてあまり出てこようとしない。
こんな筈じゃなかったんだがなぁ・・。
2匹仲良く砂を食む図を想定していたが、カクレクマノミも調子が悪いと
イソギンチャクに食われると言うし、その逆も然り。自然界は思ったよりシビアらしい。

c0108434_1820894.jpg

そして逃げられる。

c0108434_1821338.jpg

ニシキテグリ。
ストレーナー裏が無理になったらやっぱり岩裏へ。

c0108434_1823065.jpg

キンギョ、デバ、クロユリ。
キンギョはどっちもよく隠れる。
狭い隙間に体を無理やり捩じ込んでいくので、冷や冷やもの。

c0108434_18242276.jpg

ハタタテさん。
出てる時間より隠居生活の方が長い。
同じ場所にクロユリとかが入ってきても驚いて出てきたりとかはない。
飼い主からしたらそっちのが怖いと思うんだがなぁ・・。
怖がるポイントが謎。

c0108434_18275111.jpg

日中はお休みになられるヤドカリ侯。
キャメルがチラ見。

c0108434_18305654.jpg

ミズタマ、ドラゴネ。コウワンは隠れた。

c0108434_18314480.jpg

気付いてない隙を狙ってみたが逃げられましたの図。

c0108434_18323460.jpg

最後にまたオトメ。
餌も食べていたし、砂も咀嚼している。
両者とも気が強く喧嘩にとかならんでよかった。

火曜はまた店へ行っていいのがいたら飼う予定。
あと欲しい最後の1匹に関しては、今までお手頃な魚しか飼ってこなかったが
それに比べたら高いので慎重に選ぶことになりそう。
命は値段じゃないが、超初心者には勇気のいる決断である。
[PR]
# by k005202 | 2008-04-27 18:48 | 日記

らぶであることよ

昨晩未明、カクレクマノミが息を引き取った。
輸送状態が悪かったのか幼魚故の体調不良なのか。
最後の最期まで抗い続けた生き様、素敵でした。でも悲。


今日の話。

c0108434_21342259.jpg

予約していた魚とオットが欲しかった魚とワダスが欲しかった魚の3匹。

c0108434_21372518.jpg

上から見るとわかるようなわからんような。

c0108434_213838100.jpg

1匹目、オトメハゼ。
予約してた魚。ミズタマハゼにオレンジの模様があるだけ。
だが、私にとっては全然違うんだな。どっちも別の魅力がある。

c0108434_21411683.jpg

2匹目、ニシキテグリ。
餌付けが難しいらしいので、あえて大きな個体を選んだ。
大きな体に似合わずおちょぼ口。そしてかなり繊細。
胸鰭の上にある羽のような部分が透明の青でゆらゆら揺れて幻想的。
コウワンやドラゴネットと同じテグリ族で、この3種類がずっと欲しかったので
これで揃った。

c0108434_21435851.jpg

3匹目、キンギョハナダイ。
群れた方がいいそうなのでキンギョハナダイ2匹目。
新人の方が色が濃く少しだけ大きい。
アイシャドウの色も新人のが紫が濃い目。

c0108434_21473926.jpg

蟹の様子。
何かあった時用に隔離水槽を買うたので明日には隔離で飼えそうである。

c0108434_21492018.jpg

カラフル。
真正面から見た顔が一番可愛いのだが、逃げられるので困難。
「ぷ?」という感じ。

c0108434_21515259.jpg

ミズタマさんが掘った穴に隠れ棲み処にしてしまったオトメさん(写真)
しばらく潜伏していたが、晩になってミズタマの逆襲(?)に遭う。
ミズタマに追いかけられ、行き場を失ったオトメさんは新たにエアレ下を掘削。
ミズタマも同種はあかんらしい。
クロユリハゼは希少な存在である。

c0108434_2158860.jpg

ヒーターのコードを伝うコウワンと偶然写ったキャメル。

c0108434_2244971.jpg

移動中。
ちょっとでも近付くと逃げやすい。

c0108434_2255011.jpg

デバ、キンギョ、ドラゴネ。クロユリも分かり辛いが居る。
キンギョの色がそれぞれ違うのがわかる。

c0108434_2273943.jpg

ミズタマとユビワサンゴ。オトヒメ。

c0108434_2284950.jpg

ヒーターらへんをお気に召した模様。

c0108434_2293558.jpg

ミズタマに追い出された後。
しばらく元気が無かったが、また砂を食み始めた。

c0108434_22103197.jpg

ドラゴネットがニアミス。
ドラゴネットとは何ともないが、一瞬怯えていた。
トラウマか。

c0108434_22113669.jpg

ドラゴネット、ミズタマ。

c0108434_22122086.jpg

クロユリ。
しょっちゅう隠れるがすぐ出てくる。

c0108434_22125434.jpg

水槽上から。
また違う雰囲気。

c0108434_22134668.jpg

上から2。
違う魚に見えるのも。

c0108434_22143839.jpg

本日の淡水。
白濁り除去剤も滴下し濾過も洗ったのにあまり変わらず。
皆無事なのでしばらく様子見。

c0108434_22153185.jpg

移動中のニシキテグリさん。
携帯を近づけると水槽の端から端まで逃げる程の怯えよう。
諦めて遠くから。
普段はストレーナー裏に潜んでいる。

c0108434_2219346.jpg

今度はハタタテ込みで。
キンギョが隠れようとしてるとこ。

当初から所望する魚はあと1匹となった。
といってもまだ少ない感じなのでいいのを発掘していきたい。
[PR]
# by k005202 | 2008-04-26 22:27 | 日記